趣味と仕事のつながり

2017/2/24

 



昔から映画が好きで、幼いころから様々なジャンルの映画を観てきました。
その中でも特に好きなジャンルが「SF」です。SFの世界では、人類が地球を飛び出して、月や火星など様々な場所に進出していく様子が描かれ、鑑賞していて何とも言えない開放感や爽快感があります。

 

さて、SF作品では「テラフォーミング」という単語がよく登場します。これは、他の惑星を地球と同じように人間が住める環境に改造するというものです。 火星の場合は、大量のドライアイスがあるので、まずはそれを溶かして地表を二酸化炭素で満たし、気温を上昇させます。その後、植物(藻など)を繁殖させて、光合成によって酸素を増やしていき、最終的に地球と同じ大気成分にするというものです。

 

 

上記の方法はテラフォーミングの代表例ですが、中学生の時にこれを知って、「二酸化炭素がいっぱいあると暑くなるんだ。」と漠然とした感想を持っていました。それが大人になった現在、地球温暖化防止に関連する仕事に携わっているというのはなんだか不思議な気持ちになってきます。

 

そういえば先月、アメリカ海洋大気庁(NOAA)とNASAが発表したデータによると、地球の平均気温が3年連続で上昇していて、2016年は1880年からの観測史上「最も暑い年」だったということです。
毎年のように、「今年は去年より暑いなぁ。」と感じていましたが、間違ってはいなかったんですね。

 


少し太めの私としては、これ以上気温が上昇すると活動できなくなってしまいます。
なんとしてもこれ以上の温暖化は防止せねば!!

By スカイウォーカー

 

 

 

Page Top ページの先頭へ