照明回路改修前の準備

2017/03/09


2017年2月23日「省エネ改修の再開」で記載した通り、今度の土日にクール・ネット東京オフィスの照明回路改修工事を実施します。

工事前に、晴れた日の午前と午後を選んで現在の執務室内各所の照度を計測しました。


上の図は、省エネ改修により変化があり、天候や時間の影響を受けそうなところのみピックアップした照度です。上段の水色文字が午後、下段の黄色文字が午前です。

当オフィスは東向きのため、午前中の早い時間に最も日射が得られ、窓側は軒並み700Lx超となっています。そのため、まぶしさを感じるところはブラインドのスラットを閉じています。

窓側以外は、さほど午前と午後で大きな変化はなさそうです。

午前中で唯一500Lxを下回るのは赤で囲んだ列のみです。この列は、業務の都合上21.5インチワイドのディスプレイを使用しており、背面にキャビネットもあるため、影ができやすい環境となっています。

上図以外、コピー機周りや会議室等も含んだ執務室全体の平均照度は下記の通りでした。
・2017年2月28日午後(14:30~15:30)  545Lx
・2017年3月  8日午前(10:00~11:00)  627Lx

2015年10月に都庁舎から移転してきたときは全灯点灯・間引きなしだったため、平均照度はほぼ1,000Lxありました。
以前のオフィス、東京都庁第二本庁舎では、下記の基準に従って400~500Lxだったため、当初とてもまぶしく感じたものです。

基準 JIS(Z9110:2011)事務室 労働安全衛生規則第604条 事業所向け『賢い節電』7か条
照度 推奨照度750Lx
(照度範囲500~1,000Lx)
精密な作業 300Lx以上 500Lx以下

 

 

今回の照明回路改修では、照明器具の真下に座席を配置することで、適正な配光分布とし、その上で間引きをしていきます。また、点灯時間の比較的短いエリアを執務室内外側に集約して、ムダな点灯をなくします。

その結果はまた後日報告させていただく予定です。

 

 

A





Page Top ページの先頭へ