再生可能エネルギー由来FIT電気供給モデル事業

 公社は、平成28年5月に小売電気事業者として登録され、同7月より太陽光発電とバイオマス発電由来のFIT電気を公社施設に供給しています。これにより、再生可能エネルギー由来の電気を率先して選択するモデルを示します。
 また、公社では、本モデル事業を通じ得た需給管理等の実務ノウハウ等を用い、再生可能エネルギーを活用した新電力を検討される自治体等の方々へのサポートを行っています。個別相談も行っておりますので、お気軽にご連絡ください(電話番号03-5990-5066)

イベント情報

 ・再エネを活用した新電力設立検討セミナー(自治体向け)(平成30年3月9日)
 ⇒詳細はこちら
 ・再エネを活用した新電力設立検討セミナー第二弾(平成29年5月24日)
 ⇒詳細はこちら
 ・再エネを活用した新電力設立検討セミナー(平成29年3月23、24日)
 ⇒詳細はこちら

新電力設立検討のためのノウハウ本「虎の巻」

当社の再生可能エネルギー由来FIT電気供給モデル事業で培ったノウハウを一冊の本にまとめました。再生可能エネルギーを活用した新電力会社の設立を検討されている事業者・自治体のみなさまはぜひ参考にしてください。

設立検討編






手続き編



※虎の巻の送付をご希望のみなさま
お手数ですが、
1.氏名
2.会社名(所属)
3.部署名
4.送付を希望する虎の巻の種類(設立検討編・手続き編)
5.虎の巻のご利用目的で最も近いものを下記からお選びください。
 ・再エネを活用した新電力設立を検討しているため
 ・再エネを活用するとは限らないが新電力設立を検討しているため
 ・既に新電力を運営しており、事業運営の参考とするため
 ・新電力相手のビジネスをしている(検討している)ため
 ・その他
をご記入の上、cnt-jukyu@tokyokankyo.jpまでご連絡ください。
PDFファイルにて、ご連絡いただいたメールアドレスに送付いたします。


虎の巻送付のお申込みはこちら(クリックするとメールソフトが起動します)


提供しているノウハウ等

○経産省への小売電気事業者登録に係る留意点

○事業開始までに必要な基本的事項とスケジュール管理

○需要予測に関する基本的事項

○バイオマス、太陽光発電を電源とする基本的事業運営事項

○発電事業者や一般送配電事業者との契約手続き(基本的事項)

○電力改革に係る制度改正情報・電力市場の動向に関する基本的情報

○全国の再生可能エネルギーを活用した新電力や地域新電力に関する情報


注:公社で提供しているノウハウ・情報等は、新電力業務の全てを網羅したものではありません。


モデル事業の概要

※画像をクリックすると拡大表示されます



<調達する電気>

●バイオマス発電

○発電事業者:気仙沼地域エネルギー開発株式会社(宮城県気仙沼市)

○発電設備容量:738kW (燃料は気仙沼地域の間伐材等を利用)

○発電事業者の取組

・地域の林業を育成し健全な山林を守るため、地域の間伐材を通常の倍の価格で買取。また、その買取価格の半額を、財の地域循環のため、地域通貨「リネリア」で支払。


バイオマス発電プラント
バイオマス発電プラント
気仙沼の地域通貨「リネリア」
気仙沼の地域通貨「リネリア」

●太陽光発電

○発電事業者:調布まちなか発電株式会社(東京都調布市)

○発電設備容量:272kW

○発電事業者の取組

・調布市と協定を締結し、市公共施設(保育園、図書館、劇場等)の屋根を借りて太陽光発電事業を実施。収益を地域に還元。


せんがわ劇場
せんがわ劇場
宮ノ下保育園・図書館
宮ノ下保育園・図書館
西部公民館
西部公民館

●その他の調達する電気


電源の種類 特徴

火力(軽油)

上記バイオマス発電の混焼比率に応じた電気量を火力(燃料種別:軽油)として分類しています。
インバランス補給 東京都環境公社から供給している電気の需要計画と実績、また契約をしている発電所の発電計画と実績の間で、実績値が計画値を上回り不足が生じた場合に、旧一般電気事業者(東京電力等)の送配電部門からの電力補給を受けています。
その他
(みやまスマートエネルギーからの電力融通)
契約している2つのFIT電源から需要計画と同量の電気を調達できない場合、みやまスマートエネルギー(株)からの電力融通を受け、需要計画値に合った電気量を調達しています。


<FIT電気を供給する施設>

(1) 東京都環境科学研究所(東京都江東区新砂1-7-5)

(2) 水素情報館「東京スイソミル」(東京都江東区潮見1-3-2)

注:FIT電気は、利用者を通じて集められた賦課金により賄われており、火力発電なども含めた全国平均のCO2排出係数を持った電気です。


<協力事業者>

協力事業者としてみやまスマートエネルギー株式会社を選定しました。当該事業者と協定を締結し、電気の需給調整に係る技術支援を受けるとともに、FIT電気の共同での調達や運用、ノウハウの共有など、本事業を連携して実施いたします。


●みやまスマートエネルギー株式会社

・資本金:2000万円

(福岡県みやま市55%、九州スマートコミュニティ(株)40%、(株)筑邦銀行5%)

・平成27年2月設立、同11月より電力供給開始。

・自治体の広域連携による自治体PPS事業化調査等を実施(経産省補助事業)



5月13日 追記 
 

平成28年5月12日付で公益財団法人東京都環境公社が、小売電気事業者として経済産業省に登録されました。


5月26日 追記 
 

本事業に係る、スイッチング(電気事業者の切り替え)に関する個人情報の「共同利用プライバシーポリシー」(PDF)を掲載しました。

お問い合わせ先

創エネ支援チーム

電話:03-5990-5066

Page Top ページの先頭へ