太陽光発電システム(売電について)

売電について

2012年(平成24年)7月から固定価格買取制度が開始され、太陽光発電で発電した電力は電力会社に一定の価格で一定の期間買い取られる制度ができました。

※参考:なっとく!再生可能エネルギー



10kW未満の太陽光発電システムについては、発電した電力のうち家庭で使用せず余った分を電力会社へ売る(=売電)ことができます。
10kW以上の太陽光発電システムについては、発電した電力の全量または余剰電力を電力会社へ売ることができます。





また、曇りや雨の日など発電した電力では足りない時、発電できない夜間などは電力会社から従来通り電気を買うことになります。(=買電)この「売電」と「買電」は瞬時に自動的に切り替わりますので、電化製品は安定的に使い続けることができます。

お問い合わせ先

創エネ支援チーム

電話:03-5990-5066

Page Top ページの先頭へ