センターブログ

 

ぼうしちゃん

 

クール・ネット東京の職員が地球温暖化防止に向けた思いや担当する仕事の紹介、日頃取り組んでいる省エネ対策、日々の暮らしの中で感じたことなどについて持ち回りで掲載しています。

本年の気象と最近50年間との比較

2018/10/15

今年の夏の気温、台風、集中豪雨は、異常というのに言葉に値するものでしたが、ここ50年間の気象情報と比較しては、『どうだったのか?』と、皆さん疑問に思われませんか?

今年と過去50年間の気象を比較すると表-1のようになります。

 

 

【表-1:今年及び過去50年間の気象現象の比較表】



注)部門別に最高値を示した年を着色して示します。

 

 

 ここで、不快指数とは、0.81×乾球温度+0.01×相対湿度×(0.99×乾球温度-14.3)+46.3で示される指数です。この不快指数が70以上で不快と感じられ、75では半数の人が不快と感じ、85では、ほとんどの人が不快と感じると言われています(図-1)。

 

 

 

 

このブログでは、7月、8月の2か月間で発生する不快指数が80以上を超えた発生回数を記載していますが、75以上では、ほとんどの年で夏の2か月間毎日発生している状況ですので、敢えて不快指数80以上を記載することにしました。その結果、図-1に示すように、不快指数の平均値では、大きな差異は認められませんが、不快指数80以上の発生回数では1963年以来着実に増加しているのが、認められます。

 

表-1の2018年(今年)の気温と他の期間を比べても、決して過去最高気温を示しているわけではありませんが、夏の平均気温、猛暑日、真夏日、熱帯夜、不快指数80以上の発生回数、不快指数の平均値及び最高値は、今年の数値が断トツで高い値を示していることが、お分かり頂けると思います。

 

 このように、我々が欲する、欲しないかに拘らず、着実に不快な夏が着実に増殖していますので、ゴマメの歯ぎしり程度ですが、①冷暖房の設定温度の抑制や使用の抑制(通風による体感温度の低下)、②不在場所の消灯、③自転車や徒歩による買い物の励行等を実行して、少しでも地球温暖化の遅延を図りたいものです。

 

 

出典:
表-1:気象庁HP(過去のデータ検索・月ごとの値)を加工して作成
図-2:日本気象協会HPより抜粋

 

By KT坊

 

 

 

さくらねこと地域猫

2018/09/27

僕の名前は「ブー」。

僕は皆さんから「ブーちゃん」と呼ばれているよ。顔がブーたれているからかな?

でも、夜中の僕は、真ん丸瞳でとっても可愛いんだけどね。(手前が僕です)

僕は、武蔵小山の緑道公園でボランティアさんや地域住民の皆さんから温かく見守られている「地域猫※1」なんだ。

 

※1:地域住民の了承のもと適切に管理されることで、市民権ならぬ地域猫権を得ているのが地域猫。管理されていない、または管理が適切でない猫がのら猫と呼ばれます。(出典1)

 

僕には仲間がいて、みんな僕の耳のように「さくら耳」なんだよ。僕の耳はさくらの花びらに似ているでしょ?さくら耳をしている猫は、「さくらねこ※2」と呼ばれているんだ。

 


ブーさんの耳 拡大図

※2:「さくらねこ」とは、不妊手術済みのしるしに、耳の先端を桜の花びらの形にカットした猫のことです。この耳のことをさくら耳と呼んでいます。

不妊手術後の麻酔がかかった状態でカットするので、猫に痛みはありません。

「この猫のうしろには世話をする優しい人がいる」という大切なしるしです。(出典2)

 

 

 

「さくらねこ」は、僕たちの命を大切に考えてくれている人たちの活動のひとつなんだよ。

 

僕たち猫は、一匹の母猫から1年間でどのくらい増えか知っている?

母猫から生まれる子猫・孫猫は、1年間で最大50匹以上なんだ※3!

ねずみのように僕たち猫もどんどん増えていくんだよ。

 

※3:猫は交尾するとかなり高い確率で妊娠し、1回につき4~6匹の子猫を産みます。多ければ年3回出産し、子猫は早ければ6ヶ月で孫猫が産めるようになります。計算すると、1匹の母猫から1年間に生まれる子猫・孫猫は最大50匹以上に達します。(出典2)

 

実は、行政に引き取られる飼い主不明の猫の約8割が産まれて間もない子猫なんだ。

だから、産まれたての小さな命を亡くしたくないという思いから、さくらねこ活動が始まっているんだよ。

 

「去勢/避妊手術って、人間のエゴじゃないの?」と思う人もいるかもしれないね。

でも、実は、僕たちの寿命も延びて、穏やかな暮らしにつながるんだ※4。

 

※4:去勢/避妊手術で猫に与える影響は? 前立腺や卵巣・子宮などの性的病気のリスクが少なくなります。性的ストレスから解放されるので、大きな鳴き声やマーキング等の問題がなくなったり、オスの攻撃性が低下するなど、様々なリスクを軽減でき、猫たちの寿命も延びます。(出典2)

 

人間の皆さんにとって、猫の繁殖期の鳴き声、糞尿の臭いや不衛生化、ゴミ漁り、捨て猫等で迷惑だと感じていることがたくさんあると思う。でも、僕たちだって人権ならぬ猫権があると思うんだ・・・。

だから、人と猫が地域で共生できるシステムを考えて活動してくれている団体やボランティアさんがいてくれて、僕たちも安心安全な猫生活ができるようになってきてとても生きやすくなったよ。

 

ボランティアさん・地域住民の皆さん、これからも僕たち地域猫をよろしくね!

 

 

出典:
1.地域猫活動を知るためのフリーマガジン 『人の手も借りたいニャ』
2.公益財団法人どうぶつ基金 パンフレット『さくらねこTNRで殺処分ゼロをめざす どうぶつ基金です。』

 

By ねずみ年の猫好き人

 

 

 

衣替え

2018/09/13

少しずつ秋の気配を感じる今日この頃。

 

季節の変わり目でやらなければならないことと言えば「衣替え」です。

 

最近、リーズナブルかつおしゃれなお店が多くなり、ついついあれもこれも、と気が付けばクローゼットがぱんぱん。そのため、私が衣替えで必ずすることは、2年間そのシーズン中、一度も袖を通さなかった服を思い切って処分する!!ことです。

 

さて、その衣類の処分についてですが、現在日本では、年間100万トン以上の衣類がゴミとして捨てられているようです。家庭で不用になった衣類のうち約70%がゴミとして処分され、残り約30%がリユース・リサイクルで回収されているとのこと。

 

どうしようもなくクタクタになってしまったものは、捨てざるを得ないかもしれませんが、まだまだ着られる衣類を捨てるのはもったいないですよね。

 

では、どうするか・・・?

 

・古着屋やリサイクルショップ、ネット等で売る

・寄付やメーカー、ショップ等でのリサイクル回収を利用する

・サイズや趣味があえば、人にあげる  などなど

 

私は、主にメーカー回収を利用しています。

 

自社製品以外でも引き取ってもらえて、次回購入時に利用できる割引チケットをもらえるメーカーもあります。そして、もらった割引券を使って、リサイクルに出した服と似たようなものを購入してしまう・・・なんてことも、たまにあったりするんですけどね。

 

衣替えの際には、極力ゴミの排出量を減らして、クローゼットもスッキリさせて、おしゃれを楽しみたいと思います。

 

 

By FF

 

 

 

異常体調

2018/08/28

この夏は異常気象が多発しており、各地で大きな被害が発生しております。被害に遭われた皆様には、謹んでお見舞いを申し上げます。

 

そんな時期に私個人の話で申し訳ありませんが、最近異常体調に悩まされております。膝痛から始まり、アレルギー、入院、足のむくみなどいろいろな症状が連続的に出てきます。そんなのは年のせいで当たり前だと言われればそれまでですが、何か改善方法はないものかと考え、試してみましたがやはり筋肉の衰えと柔軟性の低下が原因だと考えるに至りました。

 

膝が痛いときは今まではヒアルロン酸の注射で対応しいていましたが、筋肉の柔軟性を少しでも良くする運動をアスレチックトレーナから教わり、実践してみたところ嘘のように痛みが出なくなりました。あまりいたわらずに、正しく負荷をかけるのが良いとの結論です。最近公私共忙しく、ストレッチなどをサボっていましたが、十分な睡眠と適度に水分を取りながら、暑い中でも運動とストレッチをして継続して、健康的な汗をかいて体のケアをしますと宣言します。

 

 話は変わって、地球は宇宙規模でみればまだ若い星、再生能力は高いと考えております。個人的には自動車のEV化、再生可能エネルギーの利用などで少しでも地球の負担になる要素を減らす活動をしたいと考えております。

 

暑さの中でのプレーを、強い日差しの中で撮りました

 

By J○○DAY

 

 

 

ハワイの環境取り組み

2018/08/15

夏休みをいただいて、ハワイに行ってきました。

 

ハワイといえば、太陽や海・山といった自然に恵まれたリゾート地として有名ですが、アメリカの中では電気代が破格に高いことをご存知ですか?日本と同じく火力発電に頼っているため、石油高騰が電気料に直結し、住民の負担(本土の2倍以上の金額)になっているそうです。

 

このようなエネルギーに関する問題を解決すべく、ハワイでは2015年から再生可能エネルギー発電に段階的にシフトし、2045年には100%を目標とするアメリカでは初めての政策を掲げています。自然エネルギーに恵まれた立地を活かして、風力発電・太陽光発電・地熱発電・水力発電・海洋温度差発電などを取り入れているそうです。太陽光などは発電量が天候に左右されますが、海洋温度差発電は深層水の温度が一定のため、安定して発電ができると期待されています。

 

海洋温度差発電所は見に行けませんでしたが、ホノルルから少し離れただけで、風力発電やソーラーパネルなどを見かけることが多々ありました。風が常に吹いているハワイでは風力発電がぴったりですし、ソーラーパネルは私がみた感じ7割近くの家に設置されており、環境への関心の高さがうかがえました。

 

同じ島国で火力発電に頼っている日本としては、ハワイから環境への取り組みや姿勢など、学ぶところが多くありそうです。

 

…なんて真面目に考えながら帰国しましたが、飛行機を降りたとたん、なにこの湿気!ハワイより暑い!!お土産腐る!!!という感情によって、感じたことは全て忘却の彼方に。この湿気で発電できんのかいな、と思いつつクーラーのスイッチを入れる今日この頃です。

 

 

By らん

 

 

 

Page Top ページの先頭へ