事業所の省エネ診断

省エネルギー診断事例

建物用途別の省エネ対策

工場

建物概要

建物種別 金属加工業
延床面積 820m²
階数 地上2階
使用エネルギー 電気、上下水道
エネルギーグラフ
CO2排出量
CO2排出量グラフ

12.5t-CO2/年削減

光熱水費
光熱水費グラフ

643,000円/年削減

1エネルギー管理体制エネルギー管理体制の構築

削減効果
光熱水費
254,000円/年
CO2排出量
5.36t-CO2/年
対策概要

下表に該当する対策を実施することにより、右欄に掲げる省エネ効果が得られると言われています。今回は表の1~5を実施し、エネルギー使用量の削減を図ります。

  設問 可能最大省エネ率
1 エネルギー管理体制の整備・確立がなされていますか 1%
2 エネルギー原単位の管理をしていますか 1%
3 省エネルギーの管理目標を設定していますか 1%
4 エネルギーデータを記録し活用していますか 1%
5 機器の定期的な保守・メンテナンスをしていますか 1%
合計   5%
一覧へ

2エネルギー計測・管理設備デマンド監視装置の有効活用

削減効果
光熱水費
68,000円/年
CO2排出量
---t-CO2/年
対策概要

before

※業務用電力

最大電力:83kW

after

目標最大電力:79kW
(4kW低減)

最大需要電力と時間別電力量を記録できるデマンド(最大需要電力)監視装置が設置されていますが、活用できていません。目標最大電力を設定し、それを超えないよう監視して最大需要電力の削減を図ります。

一覧へ

3コンプレッサコンプレッサ吐出圧力の調整

削減効果
光熱水費
96,000円/年
CO2排出量
2.13t-CO2/年
対策概要

before

コンプレッサ:3台

年間消費電力:21,823kWh/年

after

年間消費電力:17,459kWh/年

コンプレッサの吐出圧力の設定が1.0MPaとなっています。使用圧力は0.55MPa程度なので、設定圧力の低減が可能であると考えられます。
コンプレッサの吐出圧力を0.8MPa(0.2MPa削減)に調整し、電力使用量の削減を図ります。
設定圧力を0.2MPa下げることにより、約20%電力使用量が低減できると言われています。

一覧へ

4照明設備高効率照明器具の導入(LED)

削減効果
光熱水費
146,000円/年
CO2排出量
3.25t-CO2/年
対策概要

before

FLR40W×2灯など:90台

消費電力量:15,007kWh/年

after

LED【FLR40W×2灯など相当】:90台

消費電力量:8,355kWh/年

工場では、従来型の照明器具を使用されています。従来型の照明器具はLED照明と比べると効率が低く、寿命も短いため、ランプ交換の頻度も多くなります。
既設の照明器具をLED照明に更新し、電力使用量の削減と長寿命化を図ります。

一覧へ

5空気調和設備高効率空調設備の導入

削減効果
光熱水費
79,000円/年
CO2排出量
1.76t-CO2/年
対策概要

before

4.5kW(冷暖平均能力):1台
18.0kW(冷暖平均能力):2台

消費電力量:10,543kWh/年

after

消費電力量:6,956kWh/年

3台の空調機は設置後15年以上が経過しているため、老朽化による効率の低下が懸念されます。
空調設備を高効率ヒートポンプ式空調機に更新し、運転効率を高めて電力使用量の削減を図ります。

一覧へ
Page Top ページの先頭へ