事業所の省エネ診断

省エネルギー診断事例

建物用途別の省エネ対策

介護施設

建物概要

建物種別 介護施設
延床面積 5,075.98m²
階数 地上3階・地下1階
使用エネルギー 電気、都市ガス、上下水道
エネルギーグラフ
CO2排出量
CO2排出量グラフ

79.7t-CO2/年削減

光熱水費
光熱水費グラフ

5,160,000円/年削減

1エネルギー管理体制エネルギー管理体制の構築

削減効果
光熱水費
2,173,000円/年
CO2排出量
25.9t-CO2/年
対策概要

下表に該当する対策を実施することにより、右欄に掲げる省エネ効果が得られると言われています。今回は表の1~5を実施し、エネルギー使用量の削減を図ります。

  設問 可能最大省エネ率
1 エネルギー管理体制の整備・確立がなされていますか 1%
2 エネルギー原単位の管理をしていますか 1%
3 省エネルギーの管理目標を設定していますか 1%
4 エネルギーデータを記録し活用していますか 1%
5 機器の定期的な保守・メンテナンスをしていますか 1%
合計   5%
一覧へ

2空気調和設備空調設定温度の適正化

削減効果
光熱水費
1,597,000円/年
CO2排出量
32.4t-CO2/年
対策概要

before

消費電力量:229,374kWh/年
消費ガス量:58,5323/年

after

消費電力量:194,968kWh/年
消費ガス量:49,7523/年

エアコンの設定温度をそれぞれ2℃緩和し消費電力の削減を図ります。2℃の緩和により空調負荷(空調消費電力)を約15%削減出来ると想定します。

一覧へ

3照明設備照度の適正化

削減効果
光熱水費
201,000円/年
CO2排出量
3.52t-CO2/年
対策概要

before

FLR40W×2灯 44台
FPL96W×2灯 16台

消費電力量:27,169kWh/年

after

FLR40W×2灯 30台 (14台間引き)
FPL96W×2灯 10台 (6台間引き)

消費電力量:17,952kWh/年

照度を測定したところ755Lxから900Lxありました。東京都では事務所の照度は500Lxを推奨しています。推奨照度に近づけるよう蛍光灯を間引きすることにより、照明の電力使用量を削減することができます。

一覧へ

4照明設備省エネ型ランプへの交換

削減効果
光熱水費
432,000円/年
CO2排出量
7.56t-CO2/年
対策概要

before

白熱球40W 32台
白熱球20W 18台
クリプトン60W 93台

消費電力量:23,718kWh/年

after

LED電球【白熱球40W相当】 32台
LED電球【白熱球20W相当】 18台
LED電球【クリプトン60W相当】 93台

消費電力量:3,904kWh/年

白熱電球ランプ及びクリプトン球が使用されています。白熱電球ランプはLED電球と比較して多くの電力を使用します。LEDランプへ交換し、電力使用量の削減を図ります。

一覧へ

5エネルギー計測・管理設備デマンド監視装置の有効活用

削減効果
光熱水費
167,000円/年
CO2排出量
---t-CO2/年
対策概要

before

最大電力:151kW

after

目標最大電力:141kW
(10kW低減)

最大需要電力と時間別電力量を記録できるデマンド(最大需要電力)監視装置が設置されていますが、活用できていません。目標最大電力を設定し、それを超えないよう監視して最大需要電力の削減を図ります。

一覧へ

6空気調和設備高効率空調設備の導入

削減効果
光熱水費
448,000円/年
CO2排出量
7.83t-CO2/年
投資金額
投資金額
6,405,000
投資回収年数
投資回収年数
14.3
対策概要

before

14.4kW(冷暖平均能力):1台
22.0kW(冷暖平均能力):1台
その他 :4台

消費電力量:88,932kWh/年

after

消費電力量:68,398kWh/年

6台の空調機が設置されています。これらの空調機は設置後20年が経過しているため、老朽化による効率の低下が懸念されます。
空調設備を高効率ヒートポンプ式空調機に更新し、運転効率を高めて電力使用量の削減を図ります。

一覧へ

7照明設備高効率照明器具の導入(LED)

削減効果
光熱水費
141,000円/年
CO2排出量
2.48t-CO2/年
投資金額
投資金額
896,000
投資回収年数
投資回収年数
6.4
対策概要

before

FLR40W×2灯:32台

消費電力量:14,892kWh/年

after

LED【FLR40W×2灯相当】:32台

消費電力量:8,410kWh/年

従来型の照明器具を使用されています。従来型の照明器具はLED照明と比べると効率が低く、寿命も短いため、ランプ交換の頻度も多くなります。
既設の照明器具をLED照明に更新し、電力使用量の削減と長寿命化を図ります。

一覧へ
Page Top ページの先頭へ