太陽エネルギーセミナー
(第一回事業者向け)

 東京都は、2030年度までに東京の消費電力に占める再生可能エネルギーの利用割合を30%程度に高めることを目指しています。
 本セミナーでは、2019年問題、FIT価格の下落などの課題を抱える太陽光発電について、「ポストFIT」時代の姿や、2030年、ひいては2050年へ向けた普及の道筋について、一般社団法人太陽光発電協会の杉本完蔵氏よりご講演頂きます。


【2019年問題とは】
 2009年11月に開始した余剰電力買取制度の固定価格買取期間(10年間)が2019年に終了するため、その後の対応について経済産業省の審議会などで検討が行われている。

【FIT(固定価格買取制度)とは】
 再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度

 

開催概要


日時 平成30年10月19日(金)14時30分から16時30分まで(14時開場)
場所 新宿NSビル3階 3-D会議室(東京都新宿区西新宿2-4-1)
案内図はこちら>>
定員 50名(先着順)
対象 事業者様向けですが、どなたでもご参加いただけます。(参加費無料)
申込 定員となりました。
時間 内容
14:30~16:00 『ポストFIT』時代において成長する太陽エネルギー
~2030年、そして2050年へ向けた将来予測~

一般社団法人太陽光発電協会
ビジョン部会 部会長 杉本 完蔵氏
16:00~16:30 質疑応答など

発表者の紹介

 

杉本氏

一般社団法人太陽光発電協会
ビジョン部会 部会長
杉本 完蔵氏

1970年にシェル石油入社。1985~89年にNEDOで、アルコール燃料や、再生可能エネルギーの発電事業の研究開発に従事。その後、昭和シェル石油の太陽電池事業やNEDOの太陽光発電国際実証研究開発などを経て、現在、ソーラーフロンティア株式会社コーポレート管理部参事。一般社団法人太陽光発電協会の幹事、ビジョン部会長、公共産業部会長の他、新エネルギー財団、太陽エネルギー委員会の副委員長を歴任。

お問い合わせ

創エネ支援チーム

電話:03-5990-5066

Page Top ページの先頭へ