檜原都民の森へ再生可能エネルギー由来のFIT電気を供給します

2019/04/17

詳細はこちらをご覧ください。

 

檜原都民の森へ再生可能エネルギー由来のFIT電気を供給します

 

 東京都と(公財)東京都環境公社は、スマートエネルギー都市の実現に向け、再生可能エネルギーの利用拡大に取り組んでいます。
 公社は、小売電気事業者に登録し、平成28(2016)年7月より公社施設に再生可能エネルギー由来のFIT電気※注を供給するモデル事業を実施してまいりました。
 このたび、再エネ由来電気の認知度向上を図り一層の普及を促すため、東京都檜原都民の森の指定管理者である檜原村と電気供給契約を締結し、電気を供給することとしましたのでお知らせします。

 

※注:FIT電気は、利用者を通じて集められた賦課金により賄われており、
   火力発電なども含めた全国平均のCO2排出係数を持った電気です。

 

 

【概要】

 公社が実施しているバイオマス発電と太陽光発電に由来するFIT電気の供給について、新たに東京都檜原都民の森に供給します。

 

■新たに供給する施設

東京都檜原都民の森(東京都西多摩郡檜原村7146)

指定管理者 檜原村

契約電力 64kW

 

■調達する電気(発電された電気の一部が供給されます。)

⑴ バイオマス発電

発電事業者:気仙沼地域エネルギー開発株式会社(宮城県気仙沼市)

発電容量 :738kW

事業の概要:地域の林業を育成し健全な山林を守るため、地域の間伐材を利用した発電事業を実施

⑵ 太陽光発電

発電事業者:調布まちなか発電株式会社(東京都調布市)

発電容量 :272kW

事業の概要:調布市の公共施設(保育園、図書館等)の屋根を借りて発電し、収益を地域に還元

 

■供給する電気の再生可能エネルギーの割合

90%(平成29(2017)年度の実績)

 

■供給開始日

平成31(2019)年4月22日(月曜日)

 

■事業スキーム

 発電事業者から協力事業者である みやまスマートエネルギー株式会社 と協力し電気を調達。現在、供給を行っている2施設に加え供給を行います。

 

 

 

お問い合わせ

再エネ由来FIT 電力普及促進モデル事業について

(公財)東京都環境公社東京都地球温暖化防止活動推進センター 黒川

 電話 03-5990-5062

Page Top ページの先頭へ