センターブログ

 

ぼうしちゃん

 

クール・ネット東京の職員が地球温暖化防止に向けた思いや担当する仕事の紹介、日頃取り組んでいる省エネ対策、日々の暮らしの中で感じたことなどについて持ち回りで掲載しています。

衣替え

2018/09/13

少しずつ秋の気配を感じる今日この頃。

 

季節の変わり目でやらなければならないことと言えば「衣替え」です。

 

最近、リーズナブルかつおしゃれなお店が多くなり、ついついあれもこれも、と気が付けばクローゼットがぱんぱん。そのため、私が衣替えで必ずすることは、2年間そのシーズン中、一度も袖を通さなかった服を思い切って処分する!!ことです。

 

さて、その衣類の処分についてですが、現在日本では、年間100万トン以上の衣類がゴミとして捨てられているようです。家庭で不用になった衣類のうち約70%がゴミとして処分され、残り約30%がリユース・リサイクルで回収されているとのこと。

 

どうしようもなくクタクタになってしまったものは、捨てざるを得ないかもしれませんが、まだまだ着られる衣類を捨てるのはもったいないですよね。

 

では、どうするか・・・?

 

・古着屋やリサイクルショップ、ネット等で売る

・寄付やメーカー、ショップ等でのリサイクル回収を利用する

・サイズや趣味があえば、人にあげる  などなど

 

私は、主にメーカー回収を利用しています。

 

自社製品以外でも引き取ってもらえて、次回購入時に利用できる割引チケットをもらえるメーカーもあります。そして、もらった割引券を使って、リサイクルに出した服と似たようなものを購入してしまう・・・なんてことも、たまにあったりするんですけどね。

 

衣替えの際には、極力ゴミの排出量を減らして、クローゼットもスッキリさせて、おしゃれを楽しみたいと思います。

 

 

By FF

 

 

 

異常体調

2018/08/28

この夏は異常気象が多発しており、各地で大きな被害が発生しております。被害に遭われた皆様には、謹んでお見舞いを申し上げます。

 

そんな時期に私個人の話で申し訳ありませんが、最近異常体調に悩まされております。膝痛から始まり、アレルギー、入院、足のむくみなどいろいろな症状が連続的に出てきます。そんなのは年のせいで当たり前だと言われればそれまでですが、何か改善方法はないものかと考え、試してみましたがやはり筋肉の衰えと柔軟性の低下が原因だと考えるに至りました。

 

膝が痛いときは今まではヒアルロン酸の注射で対応しいていましたが、筋肉の柔軟性を少しでも良くする運動をアスレチックトレーナから教わり、実践してみたところ嘘のように痛みが出なくなりました。あまりいたわらずに、正しく負荷をかけるのが良いとの結論です。最近公私共忙しく、ストレッチなどをサボっていましたが、十分な睡眠と適度に水分を取りながら、暑い中でも運動とストレッチをして継続して、健康的な汗をかいて体のケアをしますと宣言します。

 

 話は変わって、地球は宇宙規模でみればまだ若い星、再生能力は高いと考えております。個人的には自動車のEV化、再生可能エネルギーの利用などで少しでも地球の負担になる要素を減らす活動をしたいと考えております。

 

暑さの中でのプレーを、強い日差しの中で撮りました

 

By J○○DAY

 

 

 

ハワイの環境取り組み

2018/08/15

夏休みをいただいて、ハワイに行ってきました。

 

ハワイといえば、太陽や海・山といった自然に恵まれたリゾート地として有名ですが、アメリカの中では電気代が破格に高いことをご存知ですか?日本と同じく火力発電に頼っているため、石油高騰が電気料に直結し、住民の負担(本土の2倍以上の金額)になっているそうです。

 

このようなエネルギーに関する問題を解決すべく、ハワイでは2015年から再生可能エネルギー発電に段階的にシフトし、2045年には100%を目標とするアメリカでは初めての政策を掲げています。自然エネルギーに恵まれた立地を活かして、風力発電・太陽光発電・地熱発電・水力発電・海洋温度差発電などを取り入れているそうです。太陽光などは発電量が天候に左右されますが、海洋温度差発電は深層水の温度が一定のため、安定して発電ができると期待されています。

 

海洋温度差発電所は見に行けませんでしたが、ホノルルから少し離れただけで、風力発電やソーラーパネルなどを見かけることが多々ありました。風が常に吹いているハワイでは風力発電がぴったりですし、ソーラーパネルは私がみた感じ7割近くの家に設置されており、環境への関心の高さがうかがえました。

 

同じ島国で火力発電に頼っている日本としては、ハワイから環境への取り組みや姿勢など、学ぶところが多くありそうです。

 

…なんて真面目に考えながら帰国しましたが、飛行機を降りたとたん、なにこの湿気!ハワイより暑い!!お土産腐る!!!という感情によって、感じたことは全て忘却の彼方に。この湿気で発電できんのかいな、と思いつつクーラーのスイッチを入れる今日この頃です。

 

 

By らん

 

 

 

晴れた日には彼女たちが

2018/07/12

花粉症の悩みから解放され、風薫る新緑の季節になると彼女たちは現れる。

 

庭のコンクリートや石の上に大量に姿を見せ、縦横無尽に動き回る1mmあるかないかの真っ赤な小さな虫(どうやら、皆さん女子とのこと)。

 

さすがに大勢で来られてしまうと困るので、早急にご退出いただこうと色々試みたのですが・・・(何を試したのかは、内緒です。ただ、潰してしまうと赤いシミになります。できれば、触らない方がよろしいかと。)結局、広範囲かつ短時間、あわせてお財布にもやさしい「水を撒く」という方法に行き着く。

 

な・の・で・す・が!

 

初夏の日差しで、水の乾きが早い。撒いた水が乾くと、どこからともなくまた大量に姿を見せる。

 

そうなると、 水を撒く→水が乾く→現れる→撒く→乾く→現れる の繰り返し。

 

後から後から現れるので、「これは打ち水も兼ねている。涼しくなって一石二鳥!あわせて草木も潤うのだから」と気持ちを切り替えて、また水を撒く。

 

そんな日々を毎年5月から6月にかけて過ごすわけですが、雨の季節を迎えると、拍子抜けするくらいピタリと彼女たちは姿を消す。

 

今年も平年より早い梅雨入り。

 

彼女たちとの攻防が短期間で終わりホッとしつつも、ニュース等で「平年より早い・・・」という台詞を聞くと、やっぱり気候が変わってきていると実感してしまう、そんな水無月。

 

By GIN

 

 

 

※注 タカラダニという刺さないダニです。画像検索はおススメしません。

◆洗濯物が乾かない!◆

2018/07/02

6月も中ば、梅雨真っ最中です。

(記事を書いた時点。今年は早く、6/29に梅雨明けしました)

 

毎日、雨が降ったりやんだりで少し憂鬱になっている方もいるかもしれません。

 

この時期、我が家の問題は「洗濯物が乾かない!」ことです。

 

毎日6人分の洗濯物と格闘している私にとって、乾かないことは大問題。

 

早く・安く・清潔に洗濯物を乾かすにはどうしたらいいのでしょう。

 

①乾かし方のコツ

洗濯物を乾かすうえで、注意するものはやはり湿気!

なるべく風通しの良い場所を選んで干しましょう。

大きさの違う洗濯物を交互に並べて干すという方法も、風があたる面積が増えて効果的だそうです。

 

②薄手・速乾性のある衣類・タオルに変えてみる

厚手のものはやはり乾きにくいので、薄手のものに変えてしまうのも手です。

我が家では薄手のバスタオルを使用するようにし、結果、断然早く乾くようになりました。

 

③電化製品の力を借りる

エアコン・扇風機・浴室乾燥機・除湿機など最近の家電製品はエコでコスパが良いものが出ています。

我が家は除湿機を購入!6人分の洗濯物を乾かすには扇風機だけだと物足りないのですが、除湿機は効果抜群。

あるのとないのでは大違いです。

 

家電製品を使うとやはり電気代が気になりますが、電力をたくさん消費する家電製品を知ることが、効率の良い省エネルギー対策につながります。

 

経済産業省 資源エネルギー庁のHPはもちろん、 クールネット東京のHP(家庭のエネルギーは、どこで使われている?・家電製品の消費電力(W)はどのくらい?)からも調べることができますので、ぜひご活用ください。

 

私も省エネと上手に付き合いながら、なんとか梅雨を乗り切ろうと思います。

 

 

 

By あおいママ

 

 

 

Page Top ページの先頭へ