再エネ新電力設立を検討する自治体等にアドバイザーを派遣します

2018/05/08

 東京都と(公財)東京都環境公社(以下「公社」という。)は、スマートエネルギー都市の実現に向け、再生可能エネルギーの利用拡大に取り組んでいます。
 このたび公社は、小売電気事業者※1として蓄積した再生可能エネルギー由来のFIT電気の供給実務※2のノウハウを基に、普及が進んでいない再生可能エネルギーの割合の高い電力を供給する新電力の設立を検討される自治体等に対し、個々の状況に応じたアドバイスを行う支援事業を開始します。

  • ※1 公社は、平成28年5月に小売電気事業者として登録されています。
  • ※2 公社は、公社2施設に太陽光発電とバイオマス発電由来のFIT電気を供給しています(詳細はこちら)。

 

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

Page Top ページの先頭へ