都民をライフスタイル志向ごとに5つに分類し、それぞれに合ったエコ行動を考察しました
-平成29年度 都民のライフスタイル志向とエコ行動の関連性に関する実態調査結果-

2018/07/24

公益財団法人東京都環境公社が運営する東京都地球温暖化防止活動推進センターは、都民のライフスタイル志向とエコ行動の関連性に関する実態調査を行い、このたび、その結果を取りまとめたので、お知らせいたします。

 

gaiyou

 

当センターでは、今回の調査結果を踏まえ、今後ライフスタイル志向に合ったエコ行動について都民に発信するなど、家庭の省エネについて、より一層丁寧で分かりやすい情報提供に努めて参ります。

 

※調査結果の詳細はこちらをご参照ください。

 

≪調査概要≫
 調査時期:平成29年12月
  調査対象:都内在住の20代~70代、男女600名
  調査方法:インターネット

 

お問い合わせ

公益財団法人東京都環境公社 東京都地球温暖化防止活動推進センター

普及連携チーム  電話:03-5990-5064

 

 

調査結果(抜粋)

 

34のライフスタイル項目から都民のライフスタイル志向を分類

 

■「あなたがライフスタイルや日常生活の中で求める」要素について、34のライフスタイル項目ごとに「強く求める/求める/あまり求めない/必要ない」の4段階評価で回答を集計

■分析手法を用いて似通った回答傾向(ライフスタイル志向)の回答者ごとに分類した結果、5つのグループを抽出した。

 

gloup

 

 

グループごとにエコ行動の実施状況が異なる

 

■5つのグループごとにエコ行動の実施状況に関する質問(実施状況・実施理由・中断理由)の回答を集計

■ライフスタイル志向が異なるグループごとに、エコ行動の実施状況にも差異が見られた。

 

tab

 

エコ行動の実施率は、

  • グループ3は全体的に高い
  • グループ5では全体的に低い
  • グループ2は日常生活で取組める行動の実施率が高い

 

 

考察:調査結果から考えられる各グループのエコ・ライフスタイル像とそれに合ったエコ行動の普及啓発方法を考案

 

gl01 gl02 gl03 gl04 gl05
Page Top ページの先頭へ