事業所の省エネ診断

都内の産業・業務部門の温室効果ガス排出量の約6割を占めている中小規模事業所に対し、技術専門員が直接お伺いして、エネルギーの使用状況を診断し、光熱水費削減のための省エネに関する提案や技術的な助言を行います。

診断は全て無料です。エネルギー使用の無駄をなくし「経営に優しいコスト削減」「環境にやさしいCO削減」を実現しましょう。

 

 

下記の考えをお持ちの事業者様は、ぜひ省エネ診断の受診をおすすめします。

 

エネルギーの無駄を探してもらいたい。

・エネルギー使用量の分析

・室温・明るさの計測 など

■ご提案事例■

約5万円/年の削減余地があります。

 

初期費用は不要

 

電気代が100万円/年の事業所の場合

 

 

LED照明器具への更新を検討したい。

<多くのメリット>

・LED照明は明るさ充分で電気代は約1/2

・発熱が少ないので空調が効率化

・長寿命のため交換の負担が少ない など

■ご提案事例■

約30万円/年の削減余地があります。

 

投資回収年数約8年

 

照明器具が100台(40w2灯)設置されている事業所の場合

※述べ床面積300㎡程度の事務所ビルを想定した概算値です。この他の業種でも、様々な光熱水費削減のご提案が可能です。

 

 

 

「省エネルギー診断申込書」に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはe-mailにて省エネ推進チームまでお申し込みください。

 

※今年度の受付は2020年2月28日(金)まで

 

リーフレット・ちらし

ご検討の際にご活用ください。


省エネルギー診断のススメ(PDF:1.37MB)

省エネ診断ちらし(PDF:663kB)

 

省エネ診断受診による効果

アンケート結果(平成20~29年度省エネ診断受診事業所 有効回答数:923件)

省エネ診断による効果

 

省エネ診断事例

 

 

 

省エネ診断後のフォローアップ(運用改善技術支援)

診断を受診された事業所を対象に、その後のフォローも無料で行います。

診断報告書の解説や省エネ対策実施のお手伝いなど、省エネの取組みを強力にサポートします。

 

省エネ診断の結果から提案する改善策には、設備投資の必要な対策と投資不要の運用改善(使用方法の改善)だけで一定程度の省エネ効果のあらわれる対策があります。

運用改善支援とは、省エネ診断とは別の日に技術専門員が訪問し、使用方法の改善をアドバイスすることにより、省エネ効果を実現しようとする事業です。

 

 

 

 


 

お問い合わせ 【受付時間:平日9:00~17:45】

省エネ推進チーム

電話:03-5990-5087

FAX:03-6279-4699

email:cnt-shoene@tokyokankyo.jp

Page Top ページの先頭へ