災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業

災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光住宅普及拡大事業

高断熱窓・ドアへの改修や、蓄電池等に対して補助を行うとともに、併せて太陽光発電設備を設置する場合に上乗せして補助することにより、省エネ性に優れ、災害にも強く、健康にも資する断熱・太陽光住宅の普及拡大を促進します。

【重要】

太陽光発電設備の申請に関する注意事項

  • ・太陽光発電設備については、上記の事業(④の事業を除く)の上乗せ補助として申請をする場合と、要件を満たす設備・機器が既に設置されていることを条件に単独設置として申請(⑤の事業を除く)をする場合があります。
    太陽光発電設備を上乗せ補助として申請をされる場合は、対象となる設備・機器と同時に申請していただく必要があります。郵送の場合は必ず同封してください
    上乗せ補助の場合、対象となる設備・機器を申請した後に太陽光発電設備を追加で申請することはできませんのでご注意ください。
  • ・上記事業での、太陽光発電設備の重複申請はできません。複数の設備・機器と合わせて太陽光発電設備の申請を検討する場合は、太陽光発電設備を申請する事業を1つ決めてください。太陽光発電設備の助成率等はいずれの事業も同じです。

助成対象機器等について、都および公社の他の同種の助成金の交付を重複して受けることはできません。

事業に関するお問い合わせで、お電話がつながりにくくなることが想定されます。予めご了承願います。

お知らせ

2022.09.15
・9/15より以下の2事業で電子申請の受付を開始しました。
既存住宅における省エネ改修促進事業
家庭における蓄電池導入促進事業
詳細は各事業のHPでご確認ください。
2022.09.01
・9/8から以下の2事業が受付開始予定です。
熱と電気の有効利用促進事業
賃貸住宅省エネ改修先行実装事業
・9/8から以下の事業で太陽光発電設備の補助要件を拡充します。
既存住宅における省エネ改修促進事業
家庭における蓄電池導入促進事業
電気自動車等の普及促進事業(V2H)
※既に機器等(高断熱窓、蓄電池システム及びV2H)を設置済みの場合も太陽光発電設備が申請できます。

<事業概要>

予算額
  • 337億円(令和4年度分)
  • 予算額は、「災害にも強く健康にも資する断熱・太陽光普及拡大事業」の総額です。
申請予定期間
  • 令和4年度から令和6年度まで
  • 詳細は各事業のHPをご確認ください。
対象者
  • 各事業のHPをご確認ください。
主な補助要件
    • 詳細は各事業のHPをご確認ください。
助成金交付対象の決定(交付決定)の前に契約締結をしているものは補助の対象となりません。
  • ただし、令和4年4月1日から7月31日(※)までに工事完了または契約締結したものについては、助成対象となります(申請期限はあります)。(賃貸住宅省エネ改修先行実装事業は除く)
  • (※)V2Hは、令和4年4月1日から8月31日までです。
  • (※)熱と電気の有効利用促進事業及び太陽光発電設備(補助要件拡充)※1は、令和4年4月1日から9月30日までです。
  • ※1 高断熱窓、蓄電池システム及びV2Hを既に設置している場合で、太陽光発電設備の申請を行う場合のみ。太陽光発電設備を上乗せ補助として申請する場合は含みません。
補助項目
  • ※詳細については、必ず各事業のHPをご確認ください。
項目 助成率
高断熱窓・高断熱ドア 既存住宅 1/3
蓄電池システム 新築住宅
既存住宅
1/2※1
V2H 新築住宅
既存住宅
1/2(上限50万円)※2
太陽熱利用システム 新築住宅
既存住宅
1/2※3
地中熱利用システム 1/2(150万円/台)
高断熱窓・高断熱ドア 既存住宅
(賃貸住宅のみ)
4/5

 

項目 助成額
太陽光発電設備 新築住宅
  • [3kW以下の場合] 12万円/kW(上限36万円)
  • [3kWを超える場合]10万円/kW(50kW未満)
  • ただし、3kWを超え3.6kW未満の場合 一律36万円※4
既存住宅
  • [3kW以下の場合] 15万円/kW(上限45万円)
  • [3kWを超える場合]12万円/kW(50kW未満)
  • ただし、3kWを超え3.75kW未満の場合 一律45万円※4
  • ※1 蓄電池容量及び太陽光発電設備容量による上限があります。
  • ※2 V2H、太陽光及びEVもしくはPHVが揃う場合、助成率10/10(上限100万円)になります。
  • ※3 住戸及び集熱面積等による上限があります。
  • ※4 kWに応じた助成金額が逆転しないよう、一律の助成金額としています。

<事業詳細>

① 既存住宅における省エネ改修促進事業

(1)申請期間 令和4年6月22日(水)から令和7年3月31日(月)まで
(2)助成率、上限額
助成対象 助成率 上限額 要件
高断熱窓 1/3 100万円/戸 1つ以上の居室において、全ての窓について、高断熱窓を設置すること(対象製品に関する要件あり)。
高断熱ドア 1/3 16万円/戸 高断熱ドアを設置すること(対象製品に関する要件あり)。
太陽光発電設備 既存住宅
  • [3kW以下の場合] 15万円/kW(上限45万円)
  • [3kWを超える場合]12万円/kW(50kW未満)
  • ただし、3kWを超え3.75kW未満の場合 一律45万円
  • ※kWに応じた助成金額が逆転しないよう、一律の助成金額としています。
(3)電話:03-5990-5066

 

② 家庭における蓄電池導入促進事業

(1)申請期間 令和4年6月22日(水)から令和7年3月31日(月)まで
(2)助成率、上限額
助成対象 助成率 上限額
蓄電池システム 機器費の1/2
  • [太陽光(4kW以上)と蓄電池を併せて設置の場合]
  • 以下のうちいずれか小さい額(最大1,000万円)
  • (a)蓄電池容量:10万円/kWh(100kWh以下)
  • (b)太陽光発電設備容量:20万円/kW
  • [太陽光(4kW未満)と蓄電池を併せて設置又は蓄電池のみを設置の場合]
  • 10万円/kWh(最大80万円/戸)
太陽光発電設備 新築住宅
  • [3kW以下の場合] 12万円/kW(上限36万円)
  • [3kWを超える場合]10万円/kW(50kW未満)
  • ただし、3kWを超え3.6kW未満の場合 一律36万円
  • ※kWに応じた助成金額が逆転しないよう、一律の助成金額としています。
既存住宅
  • [3kW以下の場合] 15万円/kW(上限45万円)
  • [3kWを超える場合]12万円/kW(50kW未満)
  • ただし、3kWを超え3.75kW未満の場合 一律45万円
  • ※kWに応じた助成金額が逆転しないよう、一律の助成金額としています。
(3)電話:03-6258-1510

 

③ 電気自動車等の普及促進事業

(1)申請期間 令和4年7月15日(金)から令和7年3月31日(月)まで
(2)助成率、上限額
助成対象 助成率 上限額 要件等
V2H 機器本体購入費

設置工事費
助成対象経費の1/2(上限50万円)
  • ・都内の戸建住宅に設置されるV2Hであること等
機器本体購入費

設置工事費
助成対象経費の10/10(上限100万円)
  • ・都内の戸建住宅に設置されるV2Hであること等
  • ・V2H、太陽光(50kW未満)及びEVもしくはPHVが揃う場合
  • ※太陽光発電設備の発電出力「3kW以上」という要件は無くなりました。
太陽光発電設備 新築住宅
  • [3kW以下の場合]12万円/kW(上限36万円)
  • [3kWを超える場合]10万円/kW(50kW未満)
  • ただし、3kWを超え3.6kW未満の場合 一律36万円
  • ※kWに応じた助成金額が逆転しないよう、一律の助成金額としています。
  • ・V2Hと太陽発電設備を同時申請する場合、発電出力は50kW未満である必要があります。
  • ※太陽光発電設備の発電出力「3kW以上」という要件は無くなりました。
既存住宅
  • [3kW以下の場合]15万円/kW(上限45万円)
  • [3kWを超える場合]12万円/kW(50kW未満)
  • ただし、3kWを超え3.75kW未満の場合 一律45万円
  • ※kWに応じた助成金額が逆転しないよう、一律の助成金額としています。
(3)電話:050-3155-5646

 

 

④ 熱と電気の有効利用促進事業

(1)申請期間 令和4年9月8日(木)から令和7年3月31日(月)まで
(2)助成率、上限額
助成対象 助成率 上限額 要件等
太陽熱利用システム 設置に係る機器費及び工事費の1/2
  • (a)1住戸あたり45万円
  • (b)集熱器の面積に1㎡あたり8万円を乗じた金額
都内の住宅に設置されること
(対象機器機器の要件あり)
地中熱利用システム 設置に係る機器費及び工事費の1/2 1台あたり150万円 都内の住宅に設置されること
(対象機器機器の要件あり)
太陽光発電設備 新築住宅
  • [3kW以下の場合] 12万円/kW(上限36万円)
  • [3kWを超える場合]10万円/kW(50kW未満)
  • ただし、3kWを超え3.6kW未満の場合 一律36万円
  • ※kWに応じた助成金額が逆転しないよう、一律の助成金額としています。
性能要件を満たすエコキュートが設置されること
既存住宅
  • [3kW以下の場合] 15万円/kW(上限45万円)
  • [3kWを超える場合]12万円/kW(50kW未満)
  • ただし、3kWを超え3.75kW未満の場合 一律45万円
  • ※kWに応じた助成金額が逆転しないよう、一律の助成金額としています。
性能要件を満たすエコキュートが設置されること
(3)電話:03-5990-5086

 

⑤ 賃貸住宅省エネ改修先行実装事業

(1)申請期間 令和4年9月8日(木)から令和5年3月31日(金)まで
(2)助成率、上限額
助成対象 助成率 上限額 要件等
高断熱窓 4/5 36万/戸 居室の全ての窓について、高断熱窓を設置すること(対象製品に関する要件あり)。
高断熱ドア 4/5 32万/戸 高断熱窓と併せて、高断熱ドアを設置すること(対象製品に関する要件あり)。
太陽光発電設備※1 既存住宅
  • [3kW以下の場合] 15万円/kW(上限45万円)
  • [3kWを超える場合]12万円/kW(50kW未満)
  • ただし、3kWを超え3.75kW未満の場合 一律45万円
  • ※kWに応じた助成金額が逆転しないよう、一律の助成金額としています。
  • ※1 太陽光発電設備は、高断熱窓・ドアと同時設置が条件
(3)電話:03-5990-5066